2015年11月17日

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室 4年卒業制作 第8回

IMG_9269.JPG
担当:森岡勇太
タイトル:made in Japan を繋ぐ

トーク@
大量生産・大量消費が主流となった現在、日本の多くのメーカーやブランドが、その製品の種類に関わらず、中国やベトナムなどの東南アジア諸国にて「ものづくり」を行っています。このような現状により、「日本のものづくり」の伝統や技術を支えてきた工場やその職人さんたちは、苦労を強いられています。そして、技術の継承や後継者の不足などの問題が挙げられるようになりました。「日本のものづくり」を衰退させないためにはどうすればいいか。物に溢れ、様々なものを選択することができるこの時代に、日本が目指すべきものづくりの形について考えていきます。
そこで「blueover」というスニーカーブランドに取材をお願いしました。
「blueover」は「国内の生産能力を絶やさないために、微力でも自分たちにできることはないか」という想いを基に、『日本製』にこだわって「ものづくり」を行っている関西のブランドです。今回は、「blueover」にずっと携わっておられる本屋敷さんにお話を伺いました。
IMG_9270.JPG

トークA
本屋敷さんはお話の中で、「国内生産にも海外生産にも、あくまでそれぞれのやりかたとして、それぞれにメリットがあり、お客様のニーズに対してのアプローチの仕方が別なだけ。」と仰っていました。
多様化する消費者のニーズや満足の形に対し、『日本のものづくり』はどのように消費者にアプローチをしていくべきなのでしょうか。
「blueover」の場合は、作り手と強く結びついている人間がその製品を販売することで、消費者の細かい反応や新たなニーズを常に感じ取ることができます。そしてそれを素早く作り手とすり合わせることで、消費者に高い満足を提供することができるという強みを持っています。
IMG_9271.JPG

トークB
ただ高い技術で物を作っていけばいく「技術力の日本」というスタイルには限界が来ています。僕は『日本のものづくり』は、決して価格競争になることのない、新しい価値を消費者に提案していくことでしか生き残っていけないと考えています。
「blueover」のように、高い技術を持った作り手と時代や消費者のニーズを敏感に読み取る売り手とがしっかりと結びついてビジネスを行う、という方法も1つの形です。
『消費者の満足のために高い技術力を用いて、新しい価値を創造し続けること』。そして『それを必要としている人に的確に届けること』。僕は「日本のものづくり」が目指すべきなのは、この2つを一連のプロセスとして捉え、その精度を高めていくことだと考えています
posted by fmyy at 14:56| Comment(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室 4年卒業制作 第7回目

IMG_9209.JPG
担当学生:藤田紗矢香 金城暁子
番組テーマ:「感動が子ども達を元気にする」

◆トーク@
金城は高校時代、ダンス部に所属しており、よさこいソーランの祭典に出場していました。その会長の欠野アズ紗さんにお話を聞きました。彼女は幼いころから、踊りを通じて成長した経験がありました。結婚を機に大阪に移り住み、大阪の町が「子どもに目が向いていない」ということに悲しみを感じました。そこで、大阪で感動を生むよさこいの祭りを開催することを決めました。
IMG_9208.JPG

◆トークA
苦労の末、2000年11月3日に第一回大阪メチャハピー祭を開催しました。今年で開催から16年経ちましたが、どのように大阪の町が変わったのか、また、嬉しかった話もお聞きしました。そして藤田の友達の大阪教育大学よさこいサークルに所属する、庄司愛子さんのお話もお聞きしました。更に、欠野さんに今後どうしていきたいかをお聞きしました。
IMG_9210.JPG

◆トークB
インタビューを通して、藤田、金城が感じたことをお話ししました。
藤田:私はこれまでよさこいとは縁がなかったのであまり知りませんでした。しかし、今回よさこいの祭りを立ち上げた欠野さんや出場経験者の愛子ちゃんや金城さんのお話を聞いたことで、よさこいに興味を持ちました。また、何かに一生懸命になることはとても大切なことだと改めて感じましたが、非行に走る子たちに最も大切なことは家庭内の愛情だと思いました。
金城:大阪メチャハピー祭の存在の大きさを改めて実感しました。しかし、現代の子ども達にこのような「感動体験」が有効なのでしょうか。情報化社会に育った子ども達は、ネット上で人と簡単に繋がることができます。あえてアナログに、仲間と共にひとつのものを作り上げるという経験が、必要だと思います。
posted by fmyy at 14:49| Comment(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月03日

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室 4年卒業制作 第6回

IMG_9147.JPG
テーマ:「戦後70周年、私達が考えなければいけないこと」
担当:半田俊彦
◆トーク@
2015年は第二次世界大戦から70周年を迎える年でした。
語り部の数が少数となってきている今、私達若者がたちあがらなければならない。
この番組の狙いのひとつには、語り継ぎを私のような学生でも語り継ぐことができるし、
学生たちがやっていいのだということを示したかったというのもあります。
私が取材をした方は豊田延子さん、今年で88歳になります。
当時は対馬に住んでいましたが、対馬においても戦争の被害がありました。
1944年、当時16歳の延子さんは学校へ通うことはできていましたが、勉強などさせてもらえなかった。すべてが国を中心に動き、国民が国に尽くさねばならない世の中でした。
そこには、日本の伝統的精神の「思いやり」はありません。
21世紀にこの日本人の伝統精神を忘れたとき、戦争は繰り返されてしまうだろうと延子さんのお話をお聞きして感じました。
IMG_9149.JPG

◆トークA
ついに長く続いた第二次世界大戦が終わろうとしている1945年、本土から遠く離れ、対馬でも7月末から8月の終戦までの激動の3週間がありました。
空襲は途絶えることなく爆撃を続け、眠りにつく暇さえありませんでした。
家も空襲にあい、山の奥地へ逃げた後に終戦をラジオから聞いたとおっしゃっていました。
太平洋戦争から今年で70周年、戦争を再認識する機会に恵まれました。
戦争に対する理解を深めて、戦争を回避するよう努めなければいけません。
日本の未来を担う私達はこれから自覚して行動していく必要があるということを
延子さんから学びました。
IMG_9148.JPG

◆トークB
他者に思いやりをもって行動していくことこそ、平和へ繋がる道だと延子さんからお聞きしました。しかし、平和をくずしてしまうのもまた平和だと私は考えました。現状維持は平和とは言えません。今の日本で“平和”という言葉をもう一度、伝わる形に更新していきましょう。この番組を聞いて少しでも語り継ぎに興味をお持ちになられたら、
身近の戦争経験者のお話を聞きに足を運んでみましょう。
そこには新たな価値観の発見がみつかるかもしれません。
posted by fmyy at 16:48| Comment(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。