2015年12月08日

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室 4年卒業制作 第11回

IMG_0003.JPG
タイトル:「街の記憶を未来に贈る芝居小屋、出石永楽館」
担当:荒木せりか

第一章
「ボロイしょうもない芝居小屋復原」
人口1100人ほどの兵庫県北部にある、豊岡市出石町には「出石永楽館」という、今話題の歌舞伎界のプリンス片岡愛之助が座頭を務める公演を行うような、町民、歌舞伎ファンからも注目を集める、昔ながらの芝居小屋がある。そんなノリに乗っているような芝居小屋であるが、44年間閉館していたという廃れた時代を乗り越えた芝居小屋である。この出石永楽館は明治時代、ここ出石町で紺屋を生業とした非常な芝居好きのオーナー小幡久次郎によって竣工した。明治時代は歌舞伎や寄席の公演を行い、大正昭和時代には立憲主義政治家の政談演説で町民の関心の的であった建物だった。しかし、娯楽の多様化で芝居小屋に足を運ぶ客が減り、ついには芝居小屋ではなく「パチンコ屋」へとビジネスモデルを変えた。1964年に閉館をする。
しかし、20年ほど前「出石城下町を活かす会」という地元の出石町民は「永楽館こそ出石の町並み保存である」と声を上げ、永楽館復原を町民に訴えかける。しかし、当時生きていた人は永楽館という芝居小屋に税金をかける必要性を感じない町民も少なくはなかった。しかし、2008年一市五町の新豊岡市誕生のきっかけで出石永楽館は豊岡市のシンボルとなりうるという中貝市長の期待の元、「新永楽館」も誕生した。
新永楽館誕生を記念して、片岡愛之助、中村壱太郎、片岡秀太郎という上方歌舞伎を代表する役者を招いて、杮落公演を開催するも、誰も歌舞伎の運営方法が分からず四苦八苦する。そこでできた人と人との繋がりとは。
IMG_0004.JPG

第二章
「芝居と町並みで遊ぶことに共通すること」
もちろん「出石永楽館復元」は街おこし目的で実現した。行政や旅行会社の皆さんが猫も杓子も使う「街おこし」って一体何であるか。街に遊園地?グルメ?浴衣を着ること?すべて「街にお金が落ちる」という意味では正解である。しかし、これだけ情報化が進みすぐに人は「飽き」を感じる時代。その中で出石町は「旅行者を楽しませてナンボ」という、従来の観光スタイルよりは進歩しています、それは「ここに住んだら」どんな生活が出来るんだろうと「その気にさせてしまう」観光である。お客様にそんな気持ちを与えることは出石町では簡単にクリア出来ている。「自分たちがその土地で楽しんでいるものを、そのまま提供」することで実現している。その土地で、その瞬間でしかできない、遊び、食事。ライブ感こそ価値。それは芝居に共通している。

第三章
「文化のある生活が何を未来に残すか」
文化で街おこしは、ヒットしなかったときが大変だ。実際永楽館歌舞伎も座頭の片岡愛之助がドラマでブレイクしてから、そのブレイクに比例するように永楽館歌舞伎も勢いづいた。しかし「片岡愛之助が来ている、めっちゃ流行っている歌舞伎=街おこし」という考えは成り立つのであろうか。そではないはずだ。片岡愛之助が来る歌舞伎を成功させようと、街の人が張り切ることが街おこしではないか。このイキイキして成功させてやろうという、意気込む過程が街には必要。それは歌舞伎公演だけではなく、地域の「お祭り」でも共通すること。その過程こそが記憶になるのである。
posted by fmyy at 15:34| Comment(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室 4年卒業制作 第10回

タイトル:スポーツから始まる街の活性化
担当:玉寄穂波 高田浩臣
IMG_9402.JPG

◆パート1
スポーツといい、プロスポーツを思い浮かべる人がいると思います。他にも地域スポーツというものがあります。地域スポーツは地域の人々を繋ぐコミュニティの場になります。私が被災地に行き、スポーツを通してコミュニティが形成されている場を目の当たりしてスポーツの力を実感しました。
地域へスポーツを通して貢献している子どもスポーツ連盟という社団法人があります。
この団体の活動は「スポーツを通して何かを得てもらうことを大切にしている」と全日本子ども連盟の原田さんはおっしゃいます。そして「最低限のルールだけを決め、あとは子どもに遊びとして場を提供する」ともおっしゃいます。
IMG_9403.JPG

◆パート2
実際に地域の活動としてどう溶け込んでいるのかNPO法人ヒットエンンドランと協賛して行っているキッズベイスボールという活動に注目しました。
実際に足を運ぶと、子どもたちはとても楽な服装でずっと笑顔で楽しそうにしていました。野球を覚えているというより、野球をしているその場、その時間を楽しんでいると感じました。保護者の方々も子どもたちが活動に参加することがとても楽しんでいると言っていました。
園長先生が、この活動がずっと続いている理由を「野球を楽しませるというよりは、野球の内、投げるという基本の2つの遊びを通して楽しませている。ごっこ遊びは幼児教育の中で一番大切なもので、それを通して楽しんでいる。」そして「体を動かす、スポーツをする喜びを今の時期にヒットエンドランを通して覚えてくれればなぁ」ともおっしゃいました。
野球のルールを覚えるということではなく、野球を楽しむことを共に経験することが大切なのだと感じました。
コーチとして参加している原団は「子どもが初めてするスポーツを経験して、その方向へ進んだり、これが得意だったのかとか親御さんでも気付かない部分、見えない可能性がでてくる」と言います。
IMG_9401.JPG

◆パート3
地域スポーツを計画、実行していくなかで子どもスポーツ連盟の国米さんは「地域の人が中心となって、そこに子どもスポーツ連盟がサポートする。私達とやりましょう。はなく、一緒にやりましょうということで、地域のスポーツ関係者以外の人にも手伝ってもらうようにしています。田んぼラグビーのときも地域のたくさんの人から協力してもらった」
主役は地域の人たちと参加者なので、人々や行政を繋ぎ合わせる場が大切。そして、これからは、地元企業をもっと連携を取っていきたいと言います。
田んぼラグビーは福知山でラグビーの活性化と使われていない田んぼの有効利用として発案され、他府県から大勢の参加者が集まり一種の観光としてできあがりつつあります。
地域とスポーツが混ざり合い、ひとつの街づくりになります。今後、地域スポーツを通してもっと人々の繋がりが強くなれればと思います。
posted by fmyy at 13:11| Comment(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室 4年卒業制作 第9回

IMG_9275.JPG
担当:新貝 高橋
タイトル「新しい事業投資クラウドファンド」

◆パート1
ここでは、実際にクラウドファンドのサイトであるFAAVO大阪を運営している酒匂さんに取材を行いました。酒匂さんは、紳士服メーカーの一社員でもあり、自らの企画でもある武将スーツの制作・販売をFAAVO大阪で行っています。この企画は大阪のヒーローでもある真田幸村をスーツのネーミングとして起用して、真田幸村スーツとして販売するプロジェクトです。大阪で作られたスーツを大阪の英雄の名で全国発信する事で大阪の街を元気にします。放送では、クラウドファンドは街を活気付けるという切り口で魅力に迫りました。
IMG_9276.JPG

◆ここでは、クラウドファンディングを実際に利用し、イベントを成功させた「COMIN’KOBE」というイベントの実行委員長をされている松原さんのお話です。クラウドファンディングを知った経緯や、イベントでクラウドファンディングを利用してみての感想など。クラウドファンディングの運営側ではなく、企画側としての目線で話されています。
IMG_9277.JPG

◆パート3
ここでは、運営側と企画側の双方の熱い思いの上に、このクラウドファンディングという仕組みが成り立っていることを再認識しています。そして、私たちからのメッセージとして。夢や目標がある人、自分の夢を懐で温めている人がいたら、ぜひこのクラウドファンディングという仕組みがあるという事を頭において頂けたら幸いです。その気持ちをぜひ世の中にぶつけてみませんか?そこで、もし人々の共感や賛同を頂く事ができればあなたの目標は少し近づくかもしれません。この放送が、みなさんの夢への第一歩として行動のきっかけとなる事ができれば幸いです。
posted by fmyy at 19:11| Comment(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。