2016年03月04日

関西学院大学山中速人研究室3年進級課題番組「内地に住む沖縄人の多様性」

IMG_0343.JPG
タイトル:「琉球舞踊と生き方」
担当:関西学院大学山中研究室 古井 美冴 

◆トラック1
私がインタビューしたのは仲村知子さんという女性です。仲村さんは関西に住んでいる沖縄2世の方で、今はNPO法人関西琉球舞踊研究所の代表をされています。仲村さんのご両親は沖縄出身で集団就職の時に関西にわたりました。そして、仲村さんは、関西で生まれ育ちました。幼少期沖縄人であるために差別、偏見があったそうです。その沖縄のことを理解してもらえなかった経験が関西に住む人々に琉球舞踊を通して沖縄の文化を知ってもらう活動のきっかけとなっています。


◆トラック2
仲村さんは沖縄の文化に誇りを持ち活動されています。それは、仲村さんのご両親が誇りを持ち、生きてきた影響だといえます。仲村さんが琉球舞踊に深くかかわって生きていることは、ある種のルーツ探しと言えるかもしれません。仲村さんは、沖縄では内地の人、関西では沖縄の人、と言われることがあるそうです。仲村さん自身は、生まれも育ちも関西でも、私の中には100%純粋は沖縄の血が流れていると表現されています。
IMG_0344.JPG

◆トラック3
仲村さんが今の活動をするようになるまでお話を伺いました、仲村さんにとって琉球舞踊は生活の一部、生まれた時からそばにあったそうです。NPO法人関西琉球舞踊研究所の活動は、カルチャーセンターでのお稽古と舞台公演です。仲村さんは沖縄には日本とは違う1つの王国があった歴史があり独自の文化がある、ということを知ってもらいたい、琉球舞踊をきっかけに沖縄の文化、歴史に興味を持ってもらえる人が増えればいいと語っています。
posted by fmyy at 12:20| Comment(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。