2016年02月20日

関西学院大学山中速人研究室3年進級課題番組「内地に住む沖縄人の多様性」

photo1.JPG
沖縄移住と音楽
関西学院大学 総合政策学部 山中速人研究室3年進級制作番組担当:金 姫粋


<要約1>
今回私がインタビューさせて頂いた方は、日本のブルースミュージックにおいて草分け的な存在である憂歌団の内田勘太郎さんです。勘太郎さんは、もともと関西出身なのですが、21年前から沖縄に住まわれています。元々、私自身、勘太郎さんのファンで、ライブに何回か来ているうちに顔見知りになって、今回のインタビューが実現しました。勘太郎さんは、沖縄のミュージシャンである石垣勝治さんという方と出会って、何日もホテルに滞在するより、アパートでも借りてみようかなと思ったことがキッカケで、今年で沖縄に移住して、21年が経っています。今年私が、22歳になる歳なので、昔の沖縄の風景や建物はガラリと変わっていて、あの当時は、まだ舗装されていない赤土の道があったり、絶滅危惧種であるマングースの群れがたくさんいたことを聞いているうちに、私の知らない昔の沖縄の風景が目に浮かんできました。
photo2.jpg

<要約2>
沖縄に移住されてから驚いたことが多々あったみたいです。特に、沖縄の音楽の文化に、日常にこんなにもたくさんの音楽が溢れていることに驚いていました。沖縄に住んでいると、それが習慣的なものだと思っていたため、私自身気づかずに生活していましたが、他県の人たちから見たら不思議な文化だと感じていたことに、逆に私もビックリしてしまいました。また、沖縄に住み始めてから、出したアルバムの中に、美らフクギの林からという曲があります。私は、この曲がとても好きで、曲の雰囲気が、爽やかな風がそっと吹く晴れた日に、フクギに囲まれた道を歩いているイメージを連想させる沖縄らしい曲です。フクギというのは、台風の多い沖縄によくあり、民家を守る防風林の役割を果たしています。その曲が出来たのは、石垣勝治さんが作った歌詞を見たときに、昔住んでいたアパートで、すぐメロディが浮かんだそうです。沖縄に住んでから作ったというよりは、勝治さんがいて、沖縄に住んだから出来ちゃった曲だと言っていました。そのような不思議な力が、沖縄にあるのかなと感じました。
photo3.JPG

<要約3>
最後に、沖縄について観光客の視点で、勘太郎の思いを語ってくれました。沖縄の独自の文化と、アメリカの文化があって、それは、内地の人からするともの珍しいと語っていました。また、本土から進出してきた店がたくさん並ぶのは、沖縄らしさが無くなってしまうから、ありのままの沖縄でいて欲しいと切実に語っていました。私自身、沖縄から関西へ出た2,3年の間に、巨大なイオンモールが出来たり、高校生の時によく行っていたデパートには、本土からきたテナントがたくさん入ったりして、なんだか都会の絵の具に染まっているような気がして、寂しくなりました。しかし、沖縄の人たちは、楽天的な性格で、独特な人たちがたくさんがいて、本土の人とは少し違う感じが私は好きです。
今回、勘太郎さんへのインタビューを通して、沖縄出身沖縄育ちの私には、気づかなかった沖縄を見せてもらえたような気がします。また、インタビュー中に、勘太郎さんが、沖琉球言葉を使っているのを聞いて、とても嬉しく感じました。今回インタビューに答えて頂き、ありがとうございました。
posted by fmyy at 11:01| Comment(1) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記事について、もっとこれからも続けていただきたいです。とても素晴らしいですね。
Posted by ゆり at 2016年04月29日 18:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。