2015年10月20日

関西学院大学総合政策学部山中速人研究室 4年卒業制作 第4回目

IMG_9036.JPG
担当:劉慧美
タイトル:「北京にいる日本人の生活」
皆さん、こんにちは。私は関西学院大学総合政策学部の4年生の劉慧美です。中国の北京からの留学生で、日本に来て、もうすぐ6年目です。最初に日本に来た時に、嬉しいことや、悲しいことや、苦しいことなど、いろんなことがありました。生まれ育った中国をはなれて、文化や習慣の違う日本で生活することは、ほんとうに大変でした。しかし、今の私から見ると、その時にあったことが本当に、私の人生の中に、一番大
切な経験だと思います。留学生の生活は大変ですけど、豊かで、とても楽しいです。
 さて、今年の夏の時に、私は、北京に帰りました。現在、北京にも、たくさんの日本人が生活しています。慣(な)れ親(した)しんだ日本をはなれて、文化や習慣の違う中国で生活している日本人たち。そんな北京にいる日本人の生活はいったいどんなものだろうか。私は非常に関心をもちました。そこで、北京で暮らす日本人を探して、その何人かにインタビューをしました。インタビューに答えてくれたのは、留学生、日本料理店の店長さん、ビジネスマンなど普通の市民たちです。
 さて、北京にいる日本人はどんな生活を送っているのでしょうか。ぜひ、聞いてください。

◆トーク1
北京外国語大学には、世界からの留学生がたくさんいます。その中から、私は日本の山形県からの田畑コウスケさんを見付けました。では、まず田畑さんの自己紹介を聞きましょうか。インタビューした場所は学校の外なので、ちょっと騒音がうるさいかもしれないですが。学校の雰囲気がよく感じられますので、どうぞ、ぜひ、聞いてください。
「はい、こんにちは、田畑コウスケです。出身は山形県です。中国に留学に来て、ちょうど半年が立てました。あの中国の友達がたくさんいるんですけども、皆さんよくしてくれて、おかげさんまで、生活も順調です。中国大好きです。ありがとう。」
田畑さんは中国に来て、まだ半年ですが、中国語がとてもじょうずで、賢い男の人だと私は感じました。そして、私は田畑さんに中国に来た理由を伺いました。田畑さんはこのように答えました。
「そうですね。あの中国に留学に来た理由…正直に言えば、好きだからそれだけで。何か本当に何か勉強したいとか、仕事のためとか。そういう何かまじめな理由ってより、本当に純粋に中国のことが好きで、あと大学の時に、中国の留学生、中国人といっぱい知りあったんですけども、本当にみんないい人たちで。あの日本でどちらかって言うとやっぱり中国とか中国人と偏見悪いイメージがあったりすると思うけれども、本当に友達同士で、付き合うんだったら、そんなことがなくて、逆に日本人よりも親切ないじゃないかと思う時もよくあって、それから、ますます中国のことがすきになって、まあ、中国に今留学に来てます。」
中国と日本は同じアジアの国ですが。生活の習慣や文化が違うところが多いと思っています。だから、次に、私は田畑さんに中国と日本の違うところ、あるいは中国に来て初めて感じた印象について聞きました。
「私は中国に始めて来たのが四五年前なんですけれども、そうですね。まあ、中国に始めてきて、感じたこと。やっぱり日本にいて、いたときに思ったこととちょっと違って、例えば、まあ、正直な話で、中国のサービスが悪いとか何か言われてますけれども。何かサービスが悪いっていうとか、人に何か気が善く得るっていうよりは、何か何も言わないなあって言う、静かだなって言うか、人のことを全然気にしてないなあって言う雰囲気を感じました。何かお客さんは何か攻撃するとか、気が善く得るっていうそのサービス悪さじゃなくて、全然気にしてないだなあっていうイメージを受けた。それが何か違いました、官職は。」
私も日本で、中国のサービスが悪いとよく聞かされますが。田畑さんの話しを聞いて、やっぱり日本人と中国人の性格の違いに原因があると思うようになりました。これは、本当に、中国でちょっと過ごさないと、理解できないものですよね。
 次に、私は田畑さんに、感動したことや嬉しかったことなど、なんでもいいから、一番印象的だったことを聞きました。
「中国に来て、印象的なことって言うか。嬉しかったか、感動したことって言うと、特に、あの留学に来たばかりの時かなあって思います。まあ、留学に来たばかりの時は、まあ、中国に以前も何回か行った時があったんだけれども、やっぱり初めて留学に来たばかりの時に、緊張して、何にも分からない。そんな時、あの中国の友達、あの時に日本に知り合った、中国の友達なんですけれども、そのいろんなところに案内してくれたり、あのいろいろな微信とか電話で気にかけてくれたり、そうですね。本当に気を使ってもらって、来たばかりの時は、その友達のかけて、何か生活が不安だとか、これから中国でいきていけるかなあとか、そういった不安がほとんどなかったです。」
私は、最初に、日本にきた時に、友達もなくて、本当に寂しくて、悲しかったです。田畑さんのように、勇気を持って、友達を作ることがとても大切だと今の私はそう思いました。では、最後に、田畑さんは中国へ留学するつもりの人に、こんなアドアイスを話してくれました。
「中国に、これから留学を考えている人にって言うことなんですけれども、もう、そんな心配しないで、全然中国に来てもらったらいいかなあと思います。今、本当に、だんだん治安もよくなって、あの生活水準もどんどん上がってきて、そのへんは余り問題がないかなあと思うので、もう迷ったら、留学しいんじゃないかなあって思います。それで、でも、やっぱり中国に留学に来たら、やっぱり外国なので、いろいろな分からないこととか、不安なこととかいっぱいがあると思うので、その時、やっぱり中国の友達いっぱ作ったら、いいかなあと思います。で、中国人まあ、彼ら、彼女らのなかにいて、日本人よりもその強い、その強烈な助けたいの誠心って言う気持ちがあると思います、僕が。なので、勇気を持って、いろいろな話をかけたりして、そうすれば、自分が積極的に話をかけたり、友達になりたいっていうは、多くの中国人のこは、積極的に、相手も積極的にいろいろな話をかけてくれて、本当に日本人よりも早く、友達になれるかなあと思います。あと、その沈黙もないので、その気楽にね、付き合っていけるかなあと思います。でも、日本人ちょっとまじめ、まじめすぎるところがあって、何か少しでも、助けてもらうと、すぐにありがとうとか、お土産をあげろうとか、すぐお礼とかをね、いそういちゃうところがあって、それは何か逆に、何か相手に付会させるっていうか、そういうことも自分が生活してきてあったんで、そこはちょっと、あの日本人考えすぎずに、もう少し気楽に生活していただいけたらからと思います、以上です。」
田畑さんにインタビューをした感想ですが。田畑さんは本当に中国で、あるいは北京で、楽しい留学の生活をしているみたいです。勉強することだけではなくて、中国の様々なところにも友達と一緒に遊びに行ったそうです。田畑さんのインタビューは本当に、私を楽しい気持ちをさせました。有難うございます。
IMG_9034.JPG

◆トーク2
では、私は二人目をインタビューしたのが、北京で日本料理の店の店長をやっている志賀貴美子です。まず、志賀さんの自己紹介です。
「こんにちは、私は志賀貴美子といいます。日本の東京からきました。北京に来て、九月で、三年になります。北京の生活は私にとって、何にも問題がなく、非常に楽しく毎日を過ごしています。中国の人は、皆とても優しいですし、日中関係がいろいろがありますけど、私にとっては、なんにもストレスがなく、毎日とても楽しく過ごしています。」
では、志賀さんの北京に対する印象はどんなことでしょうか。どうぞ、志賀さんの話をきいてください。
「北京に来る前っていうか、中国に来る前の北京の印象はもうほとんど首都とか、あと天安門とか、本当に新聞でちょっとの量のそんな印象しかまるでなくて、ほとんどしらなかったんですけれども、一番最初に北京に来た時に、あの北京の古い町並みを一番最初に体験したので、その印象が強くて、でもずっとその印象のいいままで今に至ります。」
志賀さんは中国にきて、もう三年目になります。最初に、留学生として、中国に来ました。そして、卒業してから、ずっと今まで、今の仕事をしておられるようです。志賀さんがいる店が具体的にどのような店でしょうか。では、志賀さんの紹介を聞いてください。
「今、北京では日本料理店って言うか、日本式の居酒屋の店長をしています。他のスダッフは皆、中国人なので、中国人の人と働くということは毎日とても新鮮で、楽しいです。えっといろいろ日本と違って、うまくいかないこともありますけれども、ストレスとかではないです。とても勉強になるし、刺激があって、楽しいです。」
中国と日本の仕事の場の雰囲気は、まったく違うと私はずっと感じていました。私は日本でアルバイトがしたことがありますが。中国で、まだ、仕事をしたことがありません。だから、どんな違いがあるのか、私ははっきりいえないですので、両方の経験がある志賀さんに中国と日本の仕事場の違いを伺いました。
「えっと、中国人と日本人の違いって一番感じるのは、仕事に対する取り組みかたとか、その時間の使いかたですよね。日本人は仕事が終わりの時間でも、ちょっとだらだら残業したり、なかなか休みの日でもっていうこともありますけれども、中国の人は、お休みの日はお休み、休憩の時間は休憩というきちんとわけてようなきがします。日本人はまじめといわれて、中国人はまあ、割とすっきかってみたいといわれてますけれども。日本の人もちょっとぐらいはそういう中国人の緩いところを見習ったほうが生活の質があるんじゃないかと思っています。」
志賀さんの話しからによって、志賀さんが北京で、仕事と生活が対立するのではなくて、仕事も、生活も、両方とも楽しんでいることが私にもよくわかりました。
ところで、志賀さんにとって、北京で一番印象に残ったことがあるそうです。どうぞ、聞いてください。
「私は日本にいた時は、着物の着付けの仕事をしていたんですけれども、北京に来てからも、中国の若い人とか、日本人にも向けて、着物の教室とか、イベントなどをちょっとやったことがあります。北京に来てから、中国の若い子はとても日本の文化とか、着物に興味があることが実感できて、それはとても印象に残って、一番嬉しいことです。」
最後に、志賀に、これから中国で生活をするつもりの人にあげるアドバイスをうかがいました。
「えっと、これから、中国にくるということだあれば、まず、日本で余りいい印象がないかと思いますけれども、とりあえず、興味を持つこと、自分の国じゃない考え方…人々に興味を持って、積極的に交流していく姿勢が大事だと思います。言葉の面でも、態度の面でも、別にそれは外国人だから、日本人だからということじゃなくて、その方が生活が楽しくなると思います。」
志賀さんのいうように、外国で生活をする時には、考えの持ち方が重要なのだと、思いました。また、私が志賀さんのインタビューから感じたことは、志賀さんが仕事だけに関心を向けるのではなくて、自分の生活も豊かにするように頑張っていることでした。
IMG_9035.JPG

◆トーク3
最後に、もう一人のインタビューがあります。この人はとても格好の良い男の人です。ただ、中国にいる時間がまだ短いなので、あまり中国に対する深い感想はないそうですが、しかし、とても面白いインタビューだったので、ぜひ、聞いてください。では、まず、この人の自己紹介です。
「私は松浦大樹です。日本の東京から来ました。中国に来た理由は会社からの企業派遣で留学に来ています。中国の印象は日本にない乗り物が多くて、すごく面白いと、ご飯が美味しいです。あと、すごく合うと会う人が親切なので、楽しく生活しています。」
松浦さんは中国に行ったばかりなので、きっと悩みとか、なれないことが多いにちがいないと、最初、私は思いました。ところが、松浦さんの話では、毎日新しい発見があるそうで、北京の生活にとても楽しんでいるようです。では、この短い期間の中に、松浦さんは中国って言うか、北京に対して、どんな印象をもったのか、きいてみました。
「中国の印象は、来る前は空気が汚いって言う印象があったけど、来てみたら、思ったよりすごく空気がきれいです。あと、思ったよりも地下鉄が発達していて、乗り物が便利です。あと、ご飯にすごく辛いものが多いって言うのが思ってたところと違うところです。でも、美味しいです。」
最後に、松浦さんのアドライスです。
「中国に来る人にアドバイスですが。昔より物価もあがっていて、今は円安もかなり進んでいるので、思っていたよりは、安くはないです。なので、余り昔ほど安いって思わない方がいいと思います。」
真剣なアドバイスですよね。これからも、松浦さんは北京で様々なことを体験をして、楽しい生活を続けて、送っていたらいいなと思っています。

中国にいる日本人にインタビューをしてみて、私は、いろんな感想をもちました。
私は最初に、日本に来た時に、言葉もできなくて、友達もいなくて、本当に寂しかったです。涙が出たことがありました。そんな私の経験から、外国で生活するのがとても難しいとわかっているので、北京に生活している外国人も大変だろうと思っていました。
ところが、今度、インタビューした三人はそうではなくて、楽しい生活が送っているようでした。それは、とてもいいことだと思います。やっぱり、外国で暮らす時、言葉を覚え、友達を作ることがとても大切なことだと、私は今、思うようになりました。
まだ外国に行ったことがない人は、一度外国に行って見たら、きっと貴重な経験になると思います。だから、機会があれば、ぜひ、行ってください。
posted by fmyy at 15:58| Comment(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。