2016年02月20日

関西学院大学山中速人研究室3年進級課題番組「内地に住む沖縄人の多様性」

image0.JPG
「バイタリティー溢れる國吉賢さんのエイサーとの関わり」
関西学院大学 総合政策学部 山中速人研究室 3年進級制作番組 担当:増留稔彦

♦トーク1
今回、私がインタビューさせていただいたのは、兵庫県三田市にお住まいの國吉賢さん42歳。家族で5年前から住宅兼店舗の沖縄料理店を経営され、2007年には沖縄の伝統芸能であるエイサーのチームも創設されました。
國吉さんは沖縄県那覇市で、18歳まで育ちました。父親が眼鏡屋さんを経営しており、跡を継ぐため大阪の眼鏡の専門学校に通われました。卒業後、沖縄に帰り父親の眼鏡屋で働きましたが、向いていないと感じ始め音響関係や観光関係の仕事にも挑まれてきたそうです。仕事の先輩から、神奈川県鎌倉市の沖縄料理屋で一緒に働かないか?と誘われ数年間働き、そこで奥様で出会い結婚しました。結婚後、沖縄に戻られましたが、なかなか仕事が見つかりませんでした。そこでもう一度、本土に出ることに決め、現在の兵庫県三田市で沖縄料理店を始めました。そして、喜心伝という名のエイサーチームも創設されました。

image1.JPG
♦トーク2
エイサーの始まりはいつなのか等お伺いしました。エイサーは、お盆に踊られ、ご先祖様をお迎えし、楽しんで頂き、五穀豊穣を願うのが起源である念仏踊りだそうです。またエイサーの発祥は沖縄県ではなく、福島県いわき市とのことでした。1603年の江戸時代に、福島県から琉球に漂着した袋中上人がエイサーを伝えた人物だそうです。
エイサーは沖縄県沖縄市がメッカで、沖縄市内の各地域にはエイサーを踊る青年会が数多くあり、昔からずっと踊られているそうです。一方で國吉さんが生まれ育った那覇市は各地域から多くの人々が集まる街とあり、青年会がほとんど存在せず、小学校の運動会ぐらいでしか踊らないとおっしゃっていました。
國吉さんは、沖縄でエイサーを全くしたことがなく、興味もありませんでした。エイサーを始めたきっかけは、三田市に来てから、夏祭りに子供が退屈そうにしている姿を見て「ちょっと太鼓持って踊らない?」と声をかけたのが始まりだそうです。

image2.JPG
♦トーク3
國吉さんは、楽しんでエイサーをやりたいと思い、國吉さん一家そして地域の人達だけでエイサーを始めました。しかし、真剣にやりたいと気持ちが変わっていき一旦解散されました。そして再び、三田エイサー喜心伝という名前に変え活動を始めました。最初は人数が少なかったそうですが、今は下が小学校2年生、上は50歳といった老若男女問わず、幅広い年齢層で構成され現在30人で活動されています。人数も増えまとめるのが大変だとおっしゃっていましたが、奥様のサポートもあり活き活きと活動されています。
喜心伝は、祭りに関係がないハーフマラソンにも参加されています。目的は知名度のアップと走っている人たちに、わー!楽しいわ!と思う気持ちを共有したいという思いがあるそうです。エンターテイナーとしてのおもてなしをとても大切にされていました。

image3.JPG
♦トーク4
國吉さんたち喜心伝は、三田市の姉妹都市であるアメリカのキティタス州のエレンズバーグでエイサーを披露しようと試みています。本当は最初に沖縄で踊りたいと考えていたそうですが、三田市をメインに活動されているので、姉妹都市であるエレンズバーグで踊るのが一番いいなと思われたようです。子供達にも外国で沢山の事を経験させ、視野を広く持ってほしいとおっしゃっていました。
國吉さんに、本土での生活の違いについてお聞きしました。沖縄から本土に出て、自分のなまりが凄く気になったそうです。しかし、年を重ねるごとになんとも思わなくなったとおっしゃっていました。また、昔の人は沖縄人と言われることに対して、嫌な気持ちを持った人が多かったそうですが、國吉さん自身は、関西で暮らしている人も関西人と言うし気にならないとおっしゃっていました。國吉さんは、無理に本土の生活に合わせようとしていない所に、沖縄出身という誇りを持っているように感じました。
今回のインタビューを通じて、國吉さんは非常にバイタリティー溢れる方だなと感じました。同時に人情の厚い、温かい心もお持ちの方なのだと感じさせられました。みなさんも喜心伝のエイサーをご覧になってはいかがでしょうか。本日はありがとうございました。
posted by fmyy at 13:48| Comment(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関西学院大学山中速人研究室3年進級課題番組「内地に住む沖縄人の多様性」

photo1.JPG
沖縄移住と音楽
関西学院大学 総合政策学部 山中速人研究室3年進級制作番組担当:金 姫粋


<要約1>
今回私がインタビューさせて頂いた方は、日本のブルースミュージックにおいて草分け的な存在である憂歌団の内田勘太郎さんです。勘太郎さんは、もともと関西出身なのですが、21年前から沖縄に住まわれています。元々、私自身、勘太郎さんのファンで、ライブに何回か来ているうちに顔見知りになって、今回のインタビューが実現しました。勘太郎さんは、沖縄のミュージシャンである石垣勝治さんという方と出会って、何日もホテルに滞在するより、アパートでも借りてみようかなと思ったことがキッカケで、今年で沖縄に移住して、21年が経っています。今年私が、22歳になる歳なので、昔の沖縄の風景や建物はガラリと変わっていて、あの当時は、まだ舗装されていない赤土の道があったり、絶滅危惧種であるマングースの群れがたくさんいたことを聞いているうちに、私の知らない昔の沖縄の風景が目に浮かんできました。
photo2.jpg

<要約2>
沖縄に移住されてから驚いたことが多々あったみたいです。特に、沖縄の音楽の文化に、日常にこんなにもたくさんの音楽が溢れていることに驚いていました。沖縄に住んでいると、それが習慣的なものだと思っていたため、私自身気づかずに生活していましたが、他県の人たちから見たら不思議な文化だと感じていたことに、逆に私もビックリしてしまいました。また、沖縄に住み始めてから、出したアルバムの中に、美らフクギの林からという曲があります。私は、この曲がとても好きで、曲の雰囲気が、爽やかな風がそっと吹く晴れた日に、フクギに囲まれた道を歩いているイメージを連想させる沖縄らしい曲です。フクギというのは、台風の多い沖縄によくあり、民家を守る防風林の役割を果たしています。その曲が出来たのは、石垣勝治さんが作った歌詞を見たときに、昔住んでいたアパートで、すぐメロディが浮かんだそうです。沖縄に住んでから作ったというよりは、勝治さんがいて、沖縄に住んだから出来ちゃった曲だと言っていました。そのような不思議な力が、沖縄にあるのかなと感じました。
photo3.JPG

<要約3>
最後に、沖縄について観光客の視点で、勘太郎の思いを語ってくれました。沖縄の独自の文化と、アメリカの文化があって、それは、内地の人からするともの珍しいと語っていました。また、本土から進出してきた店がたくさん並ぶのは、沖縄らしさが無くなってしまうから、ありのままの沖縄でいて欲しいと切実に語っていました。私自身、沖縄から関西へ出た2,3年の間に、巨大なイオンモールが出来たり、高校生の時によく行っていたデパートには、本土からきたテナントがたくさん入ったりして、なんだか都会の絵の具に染まっているような気がして、寂しくなりました。しかし、沖縄の人たちは、楽天的な性格で、独特な人たちがたくさんがいて、本土の人とは少し違う感じが私は好きです。
今回、勘太郎さんへのインタビューを通して、沖縄出身沖縄育ちの私には、気づかなかった沖縄を見せてもらえたような気がします。また、インタビュー中に、勘太郎さんが、沖琉球言葉を使っているのを聞いて、とても嬉しく感じました。今回インタビューに答えて頂き、ありがとうございました。
posted by fmyy at 11:01| Comment(1) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。