2016年02月05日

関西学院大学山中速人研究室3年進級課題番組「内地に住む沖縄人の多様性」

IMG_0254.JPG
「こんな一面あったんだ、沖縄で知ったアメリカ文化」
関西学院大学総合政策学部 山中速人研究室 3年 尚山里紗子

◆要約1
今回私がインタビューさせていただいたのは、中高時代の友人の母親である岡田則子さんです。友人は毎年母親と共に沖縄へ里帰りしており、その際印象的なエピソードをよく話してくれていたので、今回の沖縄というテーマを聴き真っ先に岡田さんへのインタビューを思いつきました。岡田さんへのインタビューは、私が今まで沖縄に対して抱いていたイメージと違う、新たな一面について知るきっかけになりました。
岡田さんは沖縄県中部に位置する北中城村で育ちました。北中城村のすぐ近くには嘉手納基地と普天間基地が存在し、岡田さんは米軍基地のすぐそばで子ども時代を過ごしました。特に岡田さんが住んでいた地区は米軍やその家族と日本人が一緒に住めるよう開発されたエリアであり、国籍を超えた交流が盛んにおこなわれていました。ハロウィンやイースターなど、アメリカの習慣や文化に子供の頃から触れていたそうです。
IMG_0255.JPG

◆要約2
アメリカ文化や表現に馴染み深い生活を送ってきた岡田さんは、英語やアメリカ文化に興味を持ち、高校二年生の時に留学にいく事を決意します。アメリカカルフォルニア州に一か月滞在しました。アメリカ留学中、岡田さんはかわった体験をします。それは留学先で初めて君が代を知るという体験です。他の留学生に君が代について知らない事を大変驚かれ、岡田さんは複雑な感情を抱きます。君が代については現在も激しい対立があります。沖縄ではアメリカ占領下にあったことで、君が代に良い感情を抱いていない教育者もいたことでしょう。しかし、だからといって君が代について何も教えないと、そういった歴史についてわからなくなってしまうかもしれません。大切なのは問題の本質ではなく、問題の全容についてきちんと知り、自分の意見を選択することです。岡田さんにとってこの留学は、海外で自国の問題についてしる変わった経験となりました。
その後岡田さんは、東京の大学に進学し英語について学びます。東京にでて岡田さんが沖縄との違いを感じた1つは、天気についてでした。東京の晴れは沖縄に比べてグレーがかっており、初めはずっと曇りだと思っていたそうです。沖縄の綺麗なブルーと違う東京の空に最初は驚かれたそうです。
IMG_0256.JPG

◆要約3
また、東京の大学に進学したことで、アメリカ文化が沖縄にいかに浸透しているかも実感したそうです。授業では英語の勉強のため洋画などを見る機会が多かったそうですが、その映画を見ている際、ほかの生徒が理解できないちょっとした英語表現や仕草の意味、ニュアンスを理解できている自分に気づいたそうです。
そういった岡田さんの話を聞き、沖縄の方は、沖縄に住んでいることで英語やアメリカ文化が身近になる一面をメリットとして感じているのか疑問に感じました。実際、沖縄に住んでいると英語が身近なことはごくあたりまえのことなので、それらをメリットだと感じることはあまりないそうです。しかし最近ではそういった一面をポジティブに活用し、沖縄で英語を学ぶ国内留学のプログラムがおこなわれています。
今回、岡田さんへのインタビューを通して、米軍基地をかかえる沖縄のもつ複雑さを理解すると同時に、そのような現実をしっかりと受け止め、けっしてネガティブにならず、活き活きと暮らしていこうとする、沖縄の人たちの力強さも知りました。今回のインタビューをとおして、沖縄についての新しい一面を知ることができて、たいへんうれしく思っています。ありがとうございました。
posted by fmyy at 12:14| Comment(0) | ポッドキャスティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。